言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013 春のヘッドホン祭りの雑記 

Shure SE846
試聴時間が限られてたので画像無し。係員の人が砂時計で時間を測ってて、3分きっちりで終了。
事前情報でインピーダンスが9Ωっていう、極端に低いのが気になってたんだけど。
DX100のLowゲインで、無音状態でホワイトノイズあり。曲を流してるときは気にならないけど。
音のバランスは低音寄り。ウォームっていえば聞こえはいいけど、低音の量に比べて高音がおとなしくて伸びてない。
低音はBAでがんばって出しました、的なBAらしくないしまりのない音。ボワついてると評価する人もいると思う。
音場は特筆するようなこともなく。エージングは全然できてない状態だったし、ノズルフィルターに何がついてたのかわからないから評価は保留。
あれがフラットなら私の好みとはかけはなれすぎててパス。Heir 8.Aと同等クラスに地雷。相当なアンプ食いなのかも。

ADL X1
IMG_0452.jpg
フルテックのiDevice対応アンプ。DACがES9023なのでちょっと気になってた。
思ってた以上にまとも。バランスはちょっと低音寄り。悪くないけどもうちょっと高音が伸びてほしい。
メーカーの人が感想とかをあつめてたんで、製品版までにはいくらか改善されるかも?
製品ページとかにはiDevice接続は48kと表記されてるけど、最高で48kまでっていうことだった。
44.1kソースは普通に44.1kで再生とか。本体表面のインジケーターでも44.1k再生では44.1kになってた。
再生時間はUSB接続だとどうしても電力をとられるので長時間動作は難しいとか。バッテリーはけっこう大きいのがついてるんだけど。
某V社のような細々とした変更でバリエーションを出したりする予定はないらしい。うちはこれでいきます!って。
直挿しよりはかなり良いんで、入門用としては十分かも。

EAR HP4
IMG_0453.jpg
今回唯一まともに聞いた据え置きヘッドホンアンプ。ヘッドホン出力が4つもある真空管アンプ。
真空管だけどくっきりかっちり。手持ちのWoo Audio6なんかと比べても比べるなってくらいの差。高すぎるけど。
たしか最初に日本にはいってきたときは30万円台だったような。今は60万円以上しますが。


Westone ADV Series Alpha
画像取り忘れ。Westone初のダイナミックドライバ採用機。音は低音寄りながら高音もけっこうでてて好印象。
かなりいい感じ。祭りのためにWestoneの人がわざわざ手持ちで運搬してきたそうで、祭りのときは箱から出した直後、全くエージングしてない状態だそう。
このシリーズはケーブルがMMCXになってたんでほかのシリーズもこれになるのか聞いてみたら、代理店の人曰く今のところはそんな予定は聞いてないとのこと。W4RやUMx-RCシリーズは今のままらしい。今後どうなるのかはわからないけど。
さすがにカスタムがMMCXってことはないと思うんだけど、コンシューマーユーザーからしたらMMCXの方がリケーブルが楽だからそっちにしてくれって声は多そう。
MMCXって、耐久性がそんなにあるわけでもないと思うんだけど。ちなみにAdvのケーブルは布巻きで、反射材がはいってて光が当たると光るようになってるそう。
追記:
ネット上ではMMCXに置き換えていく、みたいな話を見かけるんだけど、どこ情報だろう?
eイヤのblogで発見。聞いた人が私と違うのかな?
祭りのときはメーカーと代理店間で話があってなかったとか?


Aurisonics ASG-1 ASG-2
ASG-1は前に聞いたやつよりはいくらかマシに聞こえたけど、あれは売れなさそう。何がいいのかわからない。
ASG-2はASG-1よりはかなりまともだけど、普通にハイブリッドってだけで特にこれといったよさが見つからず。
本体より高い、太いケーブルがついてたけど正直なところ残念な感じ。


Foxtex HP-V1
IMG_0454.jpg
バッテリー増量に伴って大きくなってた。HP-P1にあわせて、ヘッドホン出力と逆側に入力がありますよ仕様になってた。
メーカー公式セットで3段に。かさばりすぎて、私には無理な感じでしたが。
あと、試作のイヤホン。
IMG_0456.jpg
できたてらしく、工場から直でもってきたみたい。全くエージングなしの状態。
ハウジングが金属製、ケーブルはMMCXコネクタで交換可能と最近の流行はとりいれてる模様。
音質は某S社のイヤホンみたいな、広がりのある音。低音寄り。かなり締まった硬い音だったけど、エージングされてないせいだとは思う。
1万円程度の予価らしいからいろいろ楽しそう。ドライバだけは売ってもらえませんでした。


KEF M500とM200
混んでたので画像無し。
どちらもiPhone4S直で試聴。バランスとしては外部アンプを使わないほうがいいぽい。
M500はポタホンにしては装着感がよかったのが印象的。音は聞き疲れしなさそうな感じ。しゃっきりというよりはまったり?
M200は変形耳掛けで面白い装着感。音はデュアルダイナミックのイヤホンではいちばんまともかも。けっこうフラットで聞きやすい。外部アンプ有りで聞いた人の話だと、低音出すぎだったらしい。


Fiio X3
IMG_0457_20130520002106.jpg
オヤイデのブースの横でひっそり展示してた。試聴用に曲をいくつかいれてあります、とのことだったけどMicroSDで自前のソースで試聴。
ぱっと聞きは悪くない。バランス的にはフラットというよりは低音の方が出てた。
UIは慣れが必要だと思う。ボタン配置のせいでメニューが操作しづらい。あと、MicroSDのソースは別扱いらしく、フォルダを辿って再生。プレイリストとかどうやって作るんだろ?


FitEar パルテール

今回の祭りでは一番好印象。なんだけど、特別これといった特徴を思い出せない。普通にいい音だったような。
製品情報としてドライバ数がでてこないんで、たぶん3以下のはず。
ドライバが多くないと音がよくない、って思ってる人も多いだろうから、こうなったのかな。


祭りの後は、自作IEMerの方々と雑談会に。濃すぎて一般人がひくんじゃないかってレベルで。
その場のノリみたいなので、自作IEMコンペの話がきまってしまったり。
内容はKnowlesのBAの2種類、CIを2つと、EDを1つと、条件をあわせてIEMを作ってみて、ネットワーク設計によってこんなに音がちがうんだぜ!を実際にやってみよう、みたいな感じの企画。
84さんのところで細かく書いてあるんで、気になる方はそちらを参照してみてください。

http://84audio.blog27.fc2.com/blog-entry-346.html

次回ポタ研にまにあわせるように、って話だけど間に合わせられる人がどれだけいるんだろう?
スポンサーサイト
( 2013/05/20 01:14 ) Category etc | TB(0) | CM(2)
私もヘッドホン祭り行ってました。T1狙いだったけど全然ダメでしたね。待ってればsoloistかAmperiorあたりは買えたかもしれませんが、時間が勿体無いのでさっさとブース巡りしました。音茶楽さんの玄が気になりましたが、カスタム使ってるとどうしても装着感でパスしちゃいますね。パルテールは混む前に試聴しておけばよかったかな・・・
[ 2013/05/21 23:19 ] [ 編集 ]
momenekoさんこんにちは。

今回は音茶楽は回るのわすれてました。パルテールはポタフェスだとそれほど混まずに聞けたみたいです。
[ 2013/05/26 10:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。