言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

Heir Audio 4.Aが到着 

Heir Audioの4ドライバモデルの4.Aが届きました。
40% OFFとかされてちょっとしょんぼりしてるところですが。


Otter Boxを化粧箱?で包んであるのはJHとかと同じ感じ。Heirの方が箱がOtter Box自体が大きいサイズのものだけど。

IMG_04711.jpg
付属品とか。カスタム本体、ケーブル、ワランティカード、クリーニングツールと乾燥剤。それからDAPとアンプを束ねるのに使えるゴムバンドが2本。

IMG_04731.jpg
シェルとプレートはこんな感じ。Freeのウッドプレートにしてみた。


ざっくりした感想とかの駄文は以下。
音の傾向はちょっと低音寄りのフラット。
高音は8.Aのレビューで見かけるように、全く刺さらないけど綺麗に伸びる。量はそれほど多く感じない。いわゆるキラキラした煌びやかな音は出ない。
中音はボーカルの広がり方が面白い。ボケてるわけじゃないんだけど、ふわっと広がる。低音は多少元気だけど量が多いほどでもない。
音場は特別広くも狭くもない。手持ちだとJH10x3Proよりはちょっと狭いか?って程度。Mageと同じくらいか、は少し広め。
ボーカルの定位も普通、遠くも近くもない。
全体的には派手な音がしない、わりと地味目な音作りに思える。くっきり、かっちりというよりは少し甘めのリスニング向けのチューニングに思える。

シェルの作りはかなり綺麗。気泡はインダストリアル?の端に少し。シェルの色をプレートと同系の濃い目の色にしたせいで目立たないけど。
仕上げにコーディングしてあるのか、つるっとしてる。装着時は耳にぴったり張り付く感じで綺麗に密着する。
フィット感はタイトめ。Head-Fiではゆったりっていう話があったりで、このあたりはバラついてるのか作りを変えたのもしれない。
カナルの長さは普通~短め。ポートは2穴。ポートを覗くとダンパーが見える。それくらいくらい末端につけられてる。
Mid/Hi側が白(グレー?)でLow側が赤。よくある構成。
ちょっと心配していたソケットは、けっこう硬い。買ったばかりのJH並み。ただし、すぐゆるくなるという話もあるのでしばらく様子見。
気軽に使える4ドライバモデルとして活躍しそう。
スポンサーサイト
( 2012/11/23 13:14 ) Category IEM | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター