言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

Audio-gd 新型2種 

旧NFB-1ESの後継機ぽいNFB-1.32と、Reference7.1の上位ぽいMaster7。

http://audio-gd.com/Pro/dac/NFB1.32/NFB1.32EN.htm
NFB-1.32はSPDIF入力をDIR経由、ES9018直で切り替えれる機能が面白い。
DIRモジュールはWM8805とDIR9001が選択可能。

http://audio-gd.com/Master/Master-7/M7EN.htm
Master7はReference7.1の入力を増やして、USB-32対応版にしたような感じ。線材にはOCCを使ってるとか。
デジタル入力が最大5系統。I2S入力まで付いてる。

NFB-11.32、NFB-1.32、Master7で採用されてるUSB-32のUSBレシーバは、ドライバの中身によるとVIAのVT1731らしい。
カタログスペック上は32/384の2ch対応チップ。USBオーディオClass v1.0/ v2.0対応。
MacとLinuxはドライバのインストール無しで動くみたい。
スポンサーサイト
( 2012/09/03 20:39 ) Category DAC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター