言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

K3003のf特 

かなりまじめに測定してそうな感じだったので。

http://erji.net/read.php?tid=1241670

3種類のフィルターの構造がわかってたら、文字通りのことはやってないのは理解できてる人は多いと思うけど。
変わるのは高域だけで、低域はほとんど変わらない。
まあBAの前にフィルターいれる、いれないとかしかやってないしそんなもんでしょう。
特性だけみてると、みんなHIGH BOOSTっていうか、フィルター無しで使ってるのかな?
BASS BOOSTとか、高域が残念すぎる。6kより上がさっぱりって感じで。

たまに見かける、このメカメカしいダミーヘッドマイクってどこのだろう?
スポンサーサイト
( 2012/05/09 22:06 ) Category IEM | TB(0) | CM(2)
Bruel & Kjaer Type 4128C HATSという名前だそうです。
http://en.goldenears.net/388

このサイトでもK3003を計測していました。
http://en.goldenears.net/index.php?mid=GR_Earphones&category=112&document_srl=12318

こちらにはCSDなども掲載しています。

計測条件もスピーカーとかなり違うんですね。
[ 2012/05/11 00:43 ] [ 編集 ]
michiogaさんこんばんは。

情報ありがとうございます。
測定結果を公表しているメーカーは少ないので参考になります。
NT-6とかも測定してありますね。感想を聞いた感じで、だいたい予想していたのですが、それほど予想と変わらない測定結果でした。
音の傾向はわかっても、表現はさっぱりわかりませんけど。
[ 2012/05/14 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター