言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

狗×SHIKI Model No.02 Bi AmpとJH-3Aは別物 

JH-3Aはなんだかよくわからない仕様ではあるけど、狗×SHIKIのバイアンプだけは原理がはっきりしてる。
Hi/MidとLowを全く別のパワーアンプで駆動させる、据え置きのホームオーディオのスピーカーを鳴らすときの仕組みをそのまま転用したも。
なので、Hi/Mid用とLow用で必ずしも同じアンプを使う必要が無い。
JH-3Aはアンプ部がバイアンプとも、ブリッジとも謳ってないんで、別物としてみて置いたほうがいいと思う。
JH-3Aは中身を見た感じでも、ブリッジ(ヘッドホンやイヤホンでいうバランス出力)で使ってるようにも見えないんだけど。
DSPチップがお手軽に逆相の出力を作れるなら別として。

>6-Channel Amplified Analog Output
ってなってるけど、実際に「出力を増幅する」意味のアンプが6つあるのか、ないのか、あったとしてどう使ってるのかはやっぱりよくわからない。

アンプの仕組みもだけど、音作りもJH-3AはJHのカスタムIEMの延長線上の音であって、リスニング用に設計されてるわけではないと思う。
対して、狗×SHIKIはリスニング特化。アンプも好きに組み合わせられる自由度もある。
設計者の方曰く、「スピーカー好きの作者がイヤホンを使って、自分の好きな音を出すことを狙った」と言ってるだけあって、実際にそんな音だと思う。
スピーカーは大型のフロアスピーカーで。小型のモニタースピーカーとかとはスケール感が違うのがポイントで。
狗×SHIKIの音のバランスはまんまそういう大型のフロアスピーカー。
38cmウーファーの音なんか普通の人にはなじみがないだろうから、そういうバランスの音を出されても理解はされにくいかもしれない。
小型のブックシェルフとか、トールボーイで聴いてる人の方がずっと多いと思うし。
ヘッドホンやイヤホンしか使ったことがないとか、それらの方が多いって人にはむいてない音作りとも。

バイアンプで使うと、Hi/Midが9、Lowが1とかの極端な音にもできるから、ノーマルの狗×SHIKIよりは使い勝手はいいかもしれない。
アンプが2台必要なことを除けば。
個人的にはArrow2台とかが最適と思ってるんだけど、バイアンプで使いたい人はfi.Quest2台とか、PMAを2台とかってやりたいんだろうか?ちょっとここは気になる。

祭りにはどっちも出展されるみたいなんで、気になる方は聞き比べるといいかな。
バイアンプで使ってみたい人は、アンプ2台持参で。
スポンサーサイト
( 2012/05/08 00:11 ) Category IEM | TB(0) | CM(5)
私もきちんと追っかけてないのですが、JH3Aはバイアンプの先を狙ったもので、バイアンプの場合、通常同じソースをそのまま両方に流してしまいますが、JH3Aの場合は3つのスピーカーに最適化した帯域に分割してそれぞれを流すことによって(=余計な帯域分を送らないことにより)音質を向上させたものなのだと理解してました。
仕様がなんどか変わったので、間違ってるかも。
[ 2012/05/08 00:49 ] [ 編集 ]
takoyakiさんこんばんは。

仕様がけっこう変わっちゃってて、実際に今はどうなってるのかってわからないですよね。
カスタム側にはパッシブクロスオーバーが残ったままみたいだし。
そのうちまた仕様変更とかしたりするかもしれませんね。
[ 2012/05/08 01:25 ] [ 編集 ]
nTaQさん、こんばんは。

JH はアクティブクロスオーバーを優先に考えられたシステム。対して狗×SHIKI はハイブリッドマルチWay におけるダイナミックドライバからの逆起電力対策。発想も目的も全く違いますね。逆起電力対策は据え置きで大口径ウーファー使うと必ず考えないといけない話ですね。
[ 2012/05/08 21:24 ] [ 編集 ]
Makigaiさんこんばんは。

JH-3Aと狗×SHIKIバイアンプは、全く別物みたいですね。
JHは元々の発想したものがポータブルでは実現困難で、いろいろ妥協したように思えます。
狗×SHIKIのは昔からある枯れた技術の転用、で特に難しいことはやってないのでわかりやすいです。
アンプも好きに選べるし、お手軽なところもいいですね。

どちらの方式も普通のアンプで使おうとすると、それなりの大きさのアダプターが必要なところは同じですね。
[ 2012/05/09 00:41 ] [ 編集 ]
確かにバイアンプ駆動は枯れた方式ですね!据え置きでは当たり前というか。だからこそなぜマルチイヤホンには今までバイアンプ駆動がなかったのか不思議なくらい。上流を弄くり回すより、まずそこから、というのが据え置きでは本道ですしね。
[ 2012/05/09 01:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。