言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

O2 音質比較 

EHP-O2とJDS O2の音質を比べてみた。
比較環境は、iMod5.5G -> O2 -> ER-4S。Dockケーブルはoortのオーグ+UTSJ。
試聴ソースはKING OF POP - JAPAN EDITION。機器やソースの選択に意味は無いです。

JDS O2はオペアンプを標準の4556に戻して、どちらも売ってるのと同じ状態で比較。
やっぱりEHP-O2の方がゲインが低くて、ヘッドホンよりはイヤホン向け。JDS O2はちょっとゲイン高め。
EHP-O2だとゲインHiでいい感じ、JDS O2はゲインLowでも十分。比較はどちらもLowで比較。

音の傾向としては、JDSの方がソリッド、かっちりしてる。定位もしっかり。
Epiphonyの方はちょっと艶ぽくて柔らかい。その分広がる。
元の設計だと、JDSの方の音になるような気はする。Epiphonyの方はちょっと色付けしてある感じ。

どちらのアンプも、でかいことを除けばコストパフォーマンスはかなりいい。
部品を自前で集められるなら、部品の値段は$100いかないし。
バッテリーのもちも悪くない。入出力が離れてるとかの大きさからくる使い勝手の悪さを除けばおすすめできるアンプではある。
もうじきDACも出るし。DAC込みでポタ運用はちょっと無理ぽいけど。
デスクトップバージョンとか、けっこう面白いかもしれない。
スポンサーサイト
( 2012/05/02 01:06 ) Category PHPA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。