言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

Audio-GD Reference10が発表されてた 

トップページにでかでかと。

http://www.audio-gd.com/Pro/Headphoneamp/Reference10/RE10EN.htm

ガワはRef7.1やMaster-1とかと同じで、入出力いっぱい。詰め込み度合いは歴代GD製品で一番かも?
重量もかなりありそう。15~6kgぐらい?
FUNがディスコンになってからしばらくアナログ入力付きの複合機がなかったんで、これはこれでよさそう。
中身もフルバランス構成みたい。
ぱっと見、DACのデジタル段はRef7.1の片ch分、アナログ段はかなり近い構成?
プリとヘッドホンアンプ部は新設計?
値段不明だけど、構成的に$1300前後くらい?複合機持ってなかったら買ってみてもよかったかも。

画像サンプルはUSBバージョンってなってるけど、USBのかわりにI2Sバージョンもあるような感じ。
USB端子の代わりにRJ45がつくのかな?ピン配置の画像がRJ45だし。

いつのまにやら手元にはRef7.1とNFB-7.1があるんで、GD製品はもう用がないかなぁ。
スポンサーサイト
( 2012/03/16 21:32 ) Category DAC | TB(0) | CM(3)
nTaQさんこんばんは。

あれ?Ref7.1買ったんですね。
実は据置き環境でRef7.1+Master5 or HeadRoom BUDA+UDAC+DPSで本気で悩んでます。
もしよろしかったらRef7.1の簡単な感想もしくはAudio gd製品の傾向をいただけるとうれしいです。
[ 2012/03/16 22:52 ] [ 編集 ]
84さんこんばんは。

年末年始のセールのときに、なんとなく買ってしまいました。
届いてからけっこう経っちゃったんで、音がおちついてから記事にしようかと思ってました。

Ref7.1とMaster-5の組み合わせは、音よりもまず置き場所を確保するところからですね。
audio-gdのはどれもでかくて重いです。縦43cm x 横43cmで、重さがそれぞれ15kg以上あるので。
Head Roomのは3つあわせても5kg無いのでは?大きさも格段に小さいし。

メーカーの色付けとしては、少しウォーム系のフラットなのかな?音に厚みがあります。
ES9018搭載機だけはすっきり、くっきり系で音作りが違うような気がします。
[ 2012/03/17 00:27 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
そうなんです。Ref7.1とMaster5の最大のネックは置き場の確保なんです。
私の場合は据置きよりポータブルにウエイトを置いているので、HeadRoomセットのクラスで十分なんじゃないかという考えと、Audio gdの物量にも惹かれるところがあります。
物量≠音質だろうとは思うのですが、どうしても・・・
やはり、もう少し考えてみます。
[ 2012/03/17 00:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター