言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

1964 EARSってどうなんだろう? 

an-pan-manさんのところで、1964 EARSなる新興のカスタムメーカーの記事を発見。
いろいろあやしげな感じでけっこう興味が出てきた。
以前紹介されてた、iNCREDIBLE eARSもダイブしてみたし。
日本国内で買った人、私以外にいたんだろうか?
ちなみにiNCREDIBLE eARS、HP無くなっててどうなったのか全く不明。
物としてはまんまSTARKEYのOEMだったんで、何か問題が出たら最悪の場合は
STARKEYに問い合わせしてみればいいんだろうけど。
うちにあるカスタムで人柱ぽいものは
・Fidelity triples
・Fidelity 2x3
・LiveWires Trips
・iNCREDIBLE eARS iE800
と4つもあるわけですが。
基本的にはどれもガチのステージモニター向けな感じなんで、リスニング用には微妙・・・。
いちおうTripsがリスニングでも使えるとは思うけど、納期がね・・・。

で1964 EARはとりあえず問い合わせのメールを送ってみた。
画像を見るかぎりだと、シェルの作りは悪くなさそう。
ケーブルは分岐とスライダーの形状から、WestoneのESと同じ物ぽい。
どのモデルか分からないけど、F特がひとつだけ確認できて
それを見ると、なんか微妙な感じはする。というか、なんか測定結果が怪しげ。
300hzと2khzにやけに大きいディップがあるのが気になる。
その間をもちあげてあるように見えるんで、聞いてみたら篭って聞こえる
っていう気が。3Wayぽいから、これがQuadのF特なのかな?

手元にインプレッションが残ってないんで、また取ってこないとなぁ。
スポンサーサイト
( 2010/11/05 23:48 ) Category IEM | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター