言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

USBケーブルで音が変わる? 

NFB-10ESをUSB接続で使ってる関係で、電線病患者の症状が発生。

USBケーブルで音なんて変わるわけねーだろ、と思ってはいたんですが。
かなり違うんですよね、これが。なんで変わるのか、理由はさっぱりわかんない。
あんまり高いの買う気ないんで、安めのケーブル2種とそこらに転がってたケーブルを比較してみた。

以下比べてみたケーブル

(A) USB1.1のジャンクケーブル(10年物)
(B) USB2.0の普通のケーブル(何かについてきた付属品)
(C) FURUTECH GT2
(D) AUDIO-QUEST CINNAMON

感想としては
(A) 窓から投げ捨てていい。籠ってる。ベールが何重もかかったような音。
(B) (A)よりマシ、でもポイしていい。(A)よりはベールの枚数が1~2枚減った気がする程度。
(C) (A)(B)とは雲泥の差。誰が聴いてもわかるレベル。いままでかかってたベールがとれた感じ。すっきり。
(D) (C)とは好みの差。こっちの方が音の輪郭がはっきり出る。

某所の店員さんからは、オヤイデのは中低域寄り、ZONOTONEは高音寄りって話を聞いた。
友人がWireWorldのULTRAVIOLETを持ってるから、そのうち借りてみよう。
あとは自作してみるか。4芯であまり太くないケーブルなら手軽に作れそうだし。
スポンサーサイト
( 2011/01/23 21:25 ) Category Cable | TB(0) | CM(1)
2chの某スレでは擁護派とアンチの泥沼が見られて辟易してますが。

むー、そんなに変わるんすか。
audioquest買ってみようかしらん。
[ 2011/01/24 13:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター