言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DA-200がやってきた 

友人が買ってくれたので、もってきてもらいました。
購入直後の状態なので、エージングは全くできていない状態です。
別の友人も自前のDACを持ち込んでくれたので、視聴会ぽくなりました。

DA-200_1
上からND-S1、DA53N、DA-200、LHH1000
画像には載ってませんが、NFB-10ESとdc1.0もあるんですが、
複合機の比較をしたかったのでLHH1000とdc1.0は今回は除外。

比較時はiPhone -> ND-S1(Corexal) -> 各DAC または VAIO P -> hiFace Evo -> 各DAC
ヘッドホンはK701 または RS-1

個人的な趣味としては、DA-200, NFB-10ES, DA53Nの順かな。
DA-200がソリッド、DA53Nがウォーム、NFB-10ESが中間といったところ。
DA-200はくっきり、DA53Nはなめらかといったほうがわかりやすい?どっちもわかりにくいか。
ヘッドホンアンプ部の性能確認の意味でDA53NのRCA出力をDA-200のライン入力にいれて
DA-200でヘッドホンの音を聴いてみたけど、ヘッドホンアンプ部の出来としてもDA-200はけっこういい出来。
以前Luxmanの人に直接聞いたときは、P-200のヘッドホンアンプ部を移植したと言ってたけど
音の傾向からは確かにそんな感じがする。フラットか若干高域より?すっきりクールというよりは
適度に厚みがあるというか。未エージングなので、エージングが進むといくらか変わるとは思うので参考程度に。

せっかくなので、蓋もあけてみました。
DA-200_1
複合機なだけあって、中身はぎっしり詰まった感じ。

DA-200_1
USBのチップが気になったので確認。TENORのTE7022でした。


DA-200_1
DACチップまわり。PCM1792Aはシングル。IV変換?にJRC5532DDが2個。
コンデンサはTKロゴでLuxmanのネーム入りがいっぱい。東信工業製のカスタム品かな?

DA-200、購入検討してる人はとりあえず買っとけばいいんじゃない?
実売12万代でこの内容はけっこうバーゲン価格だと思った。
複合機としてはかなりのものだと思う。
欠点があるとすると、USBだと96kまでしか入力できないことと、リモコンが無いくらい?
これ一台で完結できるいい出来じゃないかな。
これより上をいくならDA-200をDACにしてヘッドホンアンプを追加するとか、
別のDACを買ってLineでいれてヘッドホンアンプにつかうとかもできるし。
スポンサーサイト
( 2011/01/16 22:28 ) Category DAC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。