言うだけならタダだろう

メモ代わり。たまに散財記録。気が向いたときに更新。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Pono Music Player 到着 

配送でいろいろ問題があったようですが、無事に到着。



竹製の化粧箱いりで、本体以外には革製?のキャリングケース、MicroUSBケーブル、MicroSDXCカードとか。
本体64GB+付属のMicroSDXC64GBで合計128GBがメーカー公証容量らしい。

簡単なインプレぽいものでも。
本体は軽い。Limited Editionの外装は金属だけど、アーティストのサインはレーザー加工とかじゃなく普通のプリント。
天板、底板がプラ製、そのせいかもしれないけど高級感は感じない。ボタンは本体を立てたときに上から
ボリューム+、電源、ボリューム-。
電源ボタンは再生中は一時停止、再生ボタンと兼用。ボタンはクリックするとカチカチなる。けっこう安っぽい質感。
液晶画面はIPSとかじゃない普通の液晶らしく、ちょっと斜めから除くと色が変わって見える。
UIは快適、タッチパネルの感度も良好でストレスなくサクサク動く。メニューの言語変更とかは無し。曲名の日本語は表示できる。
付属のケースは本体をケースにいれたらほぼ何も操作できない。タッチパネル部分も完全に覆う形状。
いちおうL字のプラグだと本体をいれたままファスナーをきちんと閉められる程度の隙間はあり。
なんだかペンケースみたいでなかなか安っぽい。

音質は上下ともよく伸びる。音の質は硬くも柔らかくもない。
まだエージングが終わってないけど、現時点でも音数は手持ちのDAPで一番多いかもしれない。
値段の近いDX90と比べてもPonoの方が上。音のヌケが違う。
ヘッドホンアンプ部もイヤホンで使う分には十分パワフル。ゲイン切り替えは今のところないけど不満なし。
無音時のノイズはカスタムとかの高能率イヤホンだと少し感じる。音楽を流してたら気にならない程度。

使い込んでみてからバランス出力のテストとかもやってみたいところ。
スポンサーサイト
( 2014/11/24 03:32 ) Category DAP | TB(0) | CM(2)
USBDACとしては使えますか?
[ 2014/11/28 04:09 ] [ 編集 ]
将来的なことはわかりませんが、現時点でのファームウェアではUSB DAC機能はありません。
[ 2014/11/28 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nTaQ

Author:nTaQ
このブログは好奇心、ストレス、残業代から構成されています。

カスタムIEM関係の話が多いカモ。レビュー記事は参考程度に。
海外記事は主に自分用のメモ。リンク転載ご自由に。
しばらくは散財をひかえようと努力中。

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。